働く女性、マンションの買い時っていつ?

中古マンション(東京)TOP > マンション購入お役立ちコラム > 働く女性、マンションの買い時っていつ?

働く女性、マンションの買い時っていつ?

欲しいマンションのローン支払い金額は、年収の25%以下が目安

家賃がもったいないけど、住宅ローンを組むのは不安だし・・・。そう悩んでいるうちに、年齢を重ねてだんだんローンが組みにくくなるという方もいらっしゃいます。働ける年齢は限られていますので、35年ローンなどを組もうと思うのなら、早めに決断することをおすすめします。

ローンを払っても、無理なく生活していけるという目安が、年収の25%といわれています。たとえば、年収300万円なら、年間75万円(月額62,500円)までなら、買ったほうが良いという判断になります。フラット35のように、物件価格の100%を融資するローンを利用すれば頭金ゼロでも購入は可能ですが、新築の場合、購入価格の5%の費用(カーテンや家具など)がかかると言われ、中古マンションの場合は、それに加えて仲介手数料として通常、物件価格の3%+6万円が必要になります。このような初期費用が払えるだけの貯金プラス、インテリアなどを充実させたいならその費用も用意しておきましょう。

イメージ写真

独身なら考えたい、実は結婚前の今が一番買い時?!

家賃がもったいないけど、結婚するかもしれないし・・・と悩んで、購入を先延ばしにしている方も多いのですが、実は、結婚前に購入した方がなにかとお得なんです。

結婚前に自分が住むために購入する場合のローンの金利は、結婚後に自分が住まない物件を購入する金利よりも安いので、結婚前に、賃貸に出しやすいエリア(都心から電車で20分圏内)で、シングルの方が借りやすい広さ(1LDK以下)のマンションを購入し、結婚後は賃貸として貸し出せば、賃料をローンの支払いに充てられます。また、ローンの支払い額よりも賃貸収入が多ければ、不労収入として生活に余裕ができます。そして、大きな資金が必要になったときには売ることもできます。

家賃として捨てていくことを考えたら、独身のうちに買っておいた方が将来的にもお得というわけなんです。 その時に忘れてはいけないのは、賃貸としても売却するにしてもニーズのある「資産価値の高い物件」を選ぶということが重要なポイントになってきます。

イメージ写真

計画的にマンション購入、ある程度貯金は残しておきましょう

ローンを組む金額をできるだけ少なくしたいと、貯金をすべてマンション購入に充てて、少しでも貯まると、それを全部繰り上げ返済に回すという方もいらっしゃいます。 しかしながら、人生、何が起こるかわからないものなので、たとえ収入が無くなっても、半年は生活できるだけの貯金は手元に残しておきましょう。

そこでおすすめなのが中古マンション。新築マンションは短期間で大きく資産価値が下がりやすい上、無理なく支払える条件の良い新築マンションを購入するのはなかなか難しいものです。中古マンションなら、上手に探せば希望に合った物件を見つけることができるでしょう。

結婚前にマンションを買ってそのまま住み続けた場合、結婚して賃貸に出す場合、将来売却する場合など、長期的計画を立てるためにも、独身女性のマンション購入に詳しい、地域密着型の不動産の専門家に一度相談してみるのもおすすめです。

プリンセススクゥエアーは都内23区に強く、女性に特化したサービスをご提供しています。これまでに派遣社員など年収に不安のある方々のご相談も多数お受けし、ローンなどのお悩みも多数解決してきた実績があります。あなたの状況に合わせた、ベストな物件をご提案させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。
また、販売だけでなく、マンション売却のご相談も承っております。
>> マンションが売れない悩みを解決・売却サポートサイト

お気軽にご相談をご相談フォームはこちら

働く女性のマンションの買い時:中古マンション購入お役立ちコラム

株式会社プリンセススクゥエアー

copyright Princess Square Co.,Ltd. All rights reserved