マンションの賃貸と購入では、どっちがお得?

中古マンション(東京)TOP > マンション購入お役立ちコラム > マンションの賃貸と購入では、どっちがお得?

マンションの賃貸と購入では、どっちがお得?

そもそも、マンションの賃貸と購入、どっちが得なんでしょう

賃貸と購入、どっちが得なんでしょう?家賃がもったいないなあと漠然と思いながら、一番先に気になるポイントです。
賃貸の場合、家賃の他にも初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)、更新料などがかかり、購入の場合も、ローンの返済以外にも、管理費や修繕積立金、固定資産税などの経費がかかり、一般的に、家賃とローンの金額が同じくらいであれば、最終的に支払う総額もほぼ同じくらいになるようです。

イメージ写真

メリットデメリットから考えてみる

それでは、賃貸と購入、それぞれのメリットとデメリットから考えてみると、購入のメリットは、住宅ローンが終われば自分の資産になること。老後の住まいを確保できるという安心感も大きなメリットです。設備や広さなども、賃貸物件より購入したほうが質が良い場合が多いです。
賃貸のメリットは、気に入らなければ引越しすればいいという気軽さです。

それでは、それぞれのデメリットから考えると、購入の場合は、気軽に引越しできないこと、マンションの価値が下がり、売却のときに損をしてしまう可能性もあります。
賃貸の場合は、生涯そこに住める保障が無いこと。高齢になると、賃貸してもらいにくくなることなどが挙げられます。

イメージ写真

早めの決断で豊かな老後に

賃貸と購入、それぞれにメリットデメリットがあり、ひとりひとりのライフスタイルに合わせてどちらが得なのかは一概には判断できませんが、「老後に住める所を確保できる」という心の安心を得ることができるという点では、買えるチャンスがあるのであれば、自分の財産としてマンション購入を検討されてみるのも良いかもしれません。

プリンセススクゥエアーは都内23区に強く、資産価値の高い物件を多数取り扱っています。あなたの状況に合わせた、ベストな物件をご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談をご相談フォームはこちら

マンションの賃貸と購入では、どっちがお得?:中古マンション購入お役立ちコラム

株式会社プリンセススクゥエアー

copyright Princess Square Co.,Ltd. All rights reserved