中古マンション購入時の失敗談から学んで、理想のライフスタイルを手に入れましょう!

中古マンション(東京)TOP > 中古マンション購入 >中古マンション購入時の失敗談について

マンション購入失敗事例のご紹介

新築マンションで失敗!近隣との距離が近く目線が気になります…

45歳(独身・会社営業者)

新築マンションで失敗!
近隣との距離が近く目線が気になります…

私は、モデルルームのお部屋のきれいさに惹かれて新築マンションを購入しました。お部屋のリビングの前に大きなビルが建っていて、他のお部屋と比べて価格が割安に設定されていました。もちろんモデルルームでその説明も受け、納得してから購入したんです。

マンションが完成してから実際に住んでみると、思った以上に隣のビルと接近しています。また、隣のビルの会社は残業が多いらしく、深夜はおろか休日まで仕事しています。夜間も休日も、隣のビルからの目線が気になってしまいます。窓を開けて空気を入れ替えたり、カーテンを開けっぱなしにしたり、思いっきりリラックスしてゆったりすることもできません。結果的には高い買い物してしまったなと悩んでます。

新築マンションを購入する場合の最大の欠点は、実際に生活する空間を見ずに購入を決めなくてはならない点です。新築マンションの販売会社もオーバートークしているわけではないのでしょうけれども、モデルルームのきれいさに惑わされ、実際のデメリットを「たいしたことない」と思い込んでしまうことがよくあるようです。

中古マンション購入の場合は、すでにマンションが建っているわけですから、じっくりとそのマンションの環境をみてから購入できるので安心ですよ。

今回の失敗事例にあるように新築マンションのデメリットとして短期間に大きく資産価値が下がる点が挙げられます。一般的に新築マンションは買った瞬間に7割ぐらいの値段になると言われています。

多くの方が数年経てば結婚や出産・転勤などで今の家族構成や住環境いわゆるライフサイクルが変化するため買い替えが発生します。近い将来買い替えが発生するのであれば、短期間で資産価値が下がりにくい中古マンションを選択するのは賢い選択と言えるのではないでしょうか?

マンションにはわからないがいっぱい!

マンションの「わからない」を、なんでもお答えします

マンション購入の失敗事例

プリンセス・ストーリー 自分の

マンション売却


中古マンション購入時の失敗談のご紹介

株式会社プリンセススクゥエアー

株式会社プリンセススクゥエアー

copyright Princess Square Co.,Ltd. All rights reserved