マンションが売れない悩みを解決:マンション売却 TOP マンション売却のガイドライン

マンション売却のガイドライン

東京都内でのマンション売却について、マンションを売る際に必要な手順を流れを追ってご説明します。
それぞれの過程で重要なポイントを抜き出して、媒介契約の種類や売買契約なども詳しくまとめています。

ご不明な点や不安なことなどがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

マンション売却に関する不安や疑問など、まずはお気軽にご相談ください。
女性スタッフが対応致しますので女性の方でも安心です。

ご相談フォームよりお客様情報をご入力いただくか、電話でもご相談を承っております。

私たちにご相談ください!今すぐ相談する

査定・媒介契約>> もっと詳しく!

物件が売れるか売れないかは、売却を任せた不動産業者がどれだけ真剣に売却活動を行うかにかかっていると言っても過言ではありません。

査定額は高すぎてもマンション売却は成功しません。
市場の状況を元にきちんと売れる金額で査定をする業者を選びましょう。

売却活動は不動産業者が行います。WEBやチラシ、独自のルートや情報網でエリアの情報を集めたり、土地勘を活用したり、それぞれの不動産業者のやり方があります。

定期的に営業活動の結果や状況を報告する義務があり、媒介契約によって、その頻度は異なります。

売主様、買主様、双方の同意が得られたら、契約へと進みます。

実際に契約の場では、宅地建物取引主任者が物件や取引条件についての重要事項の説明をし、双方が納得した上で、不動産売買契約書に署名、捺印することで、売買契約は締結します。この場で、引越し日の決定や手付金の受け渡しが行われます。

引き渡し

物件引渡しの期日までに荷物の運び出しを行っておく必要があります。

当日は鍵の引渡しを行います。登記関係の書類は司法書士の確認の後、引渡し日のうちに法務局に所有権移転登記等の申請を行います。

売買代金の受領

引渡しを終えたら、残りの代金を受領します。この際に仲介手数料の残金も支払います。

マンションを売る時や買い替える時のさまざまなお悩みを解決します
まずはお気軽にご相談ください

私たちにご相談ください! 今すぐ相談する