マンションが売れない悩みを解決:マンション売却 TOP マンション売却お役立ちコラム:「専属専任媒介契約」とはいったいなに??

「専属専任媒介契約」とはいったいなに??

マンション売却の媒介契約は3種類

マンションを売却するとき、仲介をする不動産会社と結ぶ契約は「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」と、大きく3通りに分けられます。この3つの媒介契約のうち、「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は不動産会社1社と専属契約を結ぶもの。よくこの「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」の違いについて聞かれますが、「専任媒介契約」は売却主自身で買い手をみつけることができるのに対して、「専属専任媒介契約」はできないという点が異なります。また、「一般媒介契約」は、レインズという不動産物件の情報交換ネットワークシステムを通じ情報を共有して不特定多数の不動産会社が仲介の可能性を握ることになる契約です。

専属専任契媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約

注目は「専属専任媒介契約」

3通りの契約のうち、一見、制限が少ない「一般媒介」が一番良い条件で売却できそうな気がしますが、勿論デメリットもありますのでご注意下さい。
なぜなら、不動産会社にとって「一般媒介」は売却活動をしても、他の不動産会社が買主を見つけてくるかもしれないリスクがある以上、売却活動にあまり費用がかけられず、インターネットに登録する程度で売却活動自体が終わってしまうことも多い契約です。サイト内で目立つような条件の物件でない限りは、人目に付かず、価格を下げなければ売れないという結果を招く恐れがあります。一方、「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は専属契約のため、不動産会社が安心して費用を投入できるというメリットがあります。費用をかけて積極的に営業活動を行うことができるので、価格を下げることなく、早い段階で買主が見つかる可能性が高まります。

「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」 一般媒介

メリット

  • 窓口が1社なので、情報が整理しやすい
  • 不動産会社にとってリスクがないため、
    広告費を多く使って積極的に売却活動がしやすい

デメリット

  • 1社のネットワークには限界がある

メリット

  • 複数の不動産会社へ依頼できるので、購入したい人の入り口が広くなる

デメリット

  • 不動産会社に報告義務がないため、売却活動がどこまで進んでいるかが見えない
  • 他の会社で成約になる場合があるため、売却活動に広告費などのコストがかけられない

プリンセススクゥエアーと専属契約にあたる「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」を結んでいただけば、女性のきめ細やかな視点から、その物件を求める方へ的確にご案内。1件1件に愛着を持ち、できることは何でも行う、心のこもった売却活動を行います。

マンションを売る時や買い替える時のさまざまなお悩みを解決します
まずはお気軽にご相談ください

私たちにご相談ください! 今すぐ相談する